名義変更に使う印鑑について

mie
0

車を売却するためには、書類とともに実印が必要となります。その名前程度は聞いたことがあるという人が多い「実印」ですが、一体実印というのはなぜ必要でどんなものなのでしょうか。

自動車の名義変更の際には、様々な書類を作成しますが、その際には必ず実印を押さなければなりません。そういった理由で、実印が必要となるのです。

実印というのはどういうものかというと、役場に印鑑登録をした印鑑のことです。つまり、印鑑登録さえすれば、わざわざ高い印鑑を購入しなくても、100円ショップの三文判でもかまわないということです。

ただし、正式な書類に使うことも多い実印ですので、出来るだけいいものを選びたいものです。実印が他の印鑑とごっちゃにならないように、あるいは他のデザインとかぶらないように、職人さんにちゃんと彫ってもらった印鑑の方が実印向きです。その際、字体などを独特のものにしておくと、同じ苗字の人とデザインがかぶらず便利です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bootb.com/mt-tb.cgi/8

コメントする

この記事について

このページは、mie2014年6月23日 16:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「車の売却のポイントとは」です。

次の記事は「車検切れの車でも売却できる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。